5/19/2017

エックスマジックフェスティバルに出演します

6月28日{日}に横浜市開港記念会館にて、27名のマジシャンによるマジックのイベント「エックスマジックフェスティバル」が開催されることになり、私も参加させていただくことになりました。
【第一部】開演 10:55(開場10:30)
【第ニ部】開演 16:20(開場16:00)
前売り/一般3,000円、中高生1,500円、小学生以下1,000円
当日/一般4,000円、中高生2,000円、小学生以下1,500円

第一部と第二部では出演マジシャンや内容が異なり、私が出演するのは第一部の方です。様々なタイプのマジックをお楽しみいただけることと思います。詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
チケットは上記サイト内ののリンクから、または私に直接ご連絡いただいてもご用意できます。

12/20/2016

ローグ・ワンのネタバレあり感想 再撮影の件とか作曲家交代の件とか

まずは初日に近所の映画館で、続いて別の日に品川でIMAXを観ました。ここ、品川のIMAXはかつてIMAXがフィルム上映だった頃に出来たシアターで、後に一度IMAX上映をやめていたのですが再復活させた劇場です。なので昨今のシネコンに後付けでシステムを入れてIMAX化したところと違い、そのスクリーンの大きさは圧倒的です(私の経験内のIMAXシアター比)。折角観るならここだろう、と。


ファンにはお馴染みのオープニングクロールがなく、ジョン・ウィリアムズの音楽もなく、スカイウォーカーの名前のない、無い無い尽くしのスター・ウォーズです。そんな映画はスター・ウォーズとして受け入れられるのか?というのが最初に制作のニュースを聞いた時に感じたことだったのですが、予告編を観た時にまず少し安心。エピソード4に直結する話だけあって基地のセットや帝国軍の施設の内装が懐かしく作られていました。音楽がジョン・ウィリアムズからマイケル・ジアッキーノに変わったことは、不安ではあるものの、今後もスター・ウォーズ・ムービーが作られることを考えるとどこかで誰かに引き継いでおかないといけないだろうとも思っていたので、この作品で他の作曲家を起用するのはありだと思ってました。また、マイケル・ジアッキーノと言えば、ジュラシック・ワールドで音楽を担当し、ジョン・ウィリアムズのジュラシック・パークの音楽を見事にアレンジして提供した人であり、人選としてはなかなか良いな、と。ところがですよ、今回の音楽はイマイチ感満載。音楽がシーンの雰囲気は盛り上げるけども特に印象に残らず脇役に徹する感じなんです。今までのスター・ウォーズの音楽は各キャラクターにテーマ曲を与え、シーンによってそのバリエーションを展開するようなオペラ的手法で音楽の自己主張度はかなり高いものでしたが、今回はそうではないのです。いや、もしかしたらテーマ曲を与えられたキャラクターがいるかもですが印象に全く残ってないのです。これ何回か映画を観た後で曲だけ聴いてもシーンもキャラも浮かんでこないのではないかと思います。
但し、この辺を読むと分かりますがマイケル・ジアッキーノに話が来たのが映画公開のなんと3ヶ月前、作曲作業に与えられた期間が4週間半、普通は作曲に2、3ヶ月かけるとのことなので、いかにこの時間が短かったことか。なぜそんな突貫工事になってしまったかというと、この記事によると例の再撮影(後述)によって、もともと予定されていた作曲家のAlexandre Desplatが携われなくなってしまったためのようです。さらに詳しく知りたい方は本人のインタビューをどうぞ。ビジュアルエフェクトの作業が遅れてたら公開日を遅らせることも考えたのだろうなと思うと、音楽が軽視されているようでもやっと感があります。

さて、以下はネタバレありで感想です。
映画未見の方はまた観た後でお越しください。(少し改行します)










この映画はヒーローがいて、フォースの使い手がいて、正義と秩序のために格好良く戦い、勝利を収める冒険談の裏には、その他大勢の人達の頑張りと犠牲があるよっていう話です。反乱軍も決して綺麗な仕事だけしているわけでないし、帝国軍なんか完全なブラック企業。しかも失敗すれば殺されちゃうことだってありえるわけで、そりゃ、早く出世して死のリスクを低くしたいのも分かります。特にクレニックには同情することしきり。上司から無理な案件を押し付けられ、頑張って成果をあげても手柄は上司のもの、何かあったら責任は自分へ、しかも出向く先々でトラブルに見舞われるとあっては生きた心地がしないことでしょう。
ここにはいつもの見慣れたスター・ウォーズはないのですが、あちらの華々しい世界と地続きの世界としてこんな世界もあるよね、と十分に納得させるものがあり、その縁の下の力持ちを描いたことで今までのメインの話にも深さを与えることに成功しています。登場人物たちはあちらに住んでいるヒーロー達と違って普通の人達ですから、例えばフォースを信じているチアルートはどんなに信じていてもフォースが使えるわけではなく、勿論、武術には長けているので滅茶苦茶強いのですが、やはりフォースは守ってくれないし、目が見えない彼は最後、スイッチはフォースでなく手探りで探すしかない。この辺りの哀しさが良いのです。さらにヒーロー達とは違いますからラッキーな偶然により危険が回避されたりもせず、最後は全員死にます。はい、大事なところなのでもう一度言いますが、全員死にます。
これ、話の構造としてはこうするしかないと思います。生き残ってしまったら既存のエピソード4とかそれ以降で彼らが出てこないのはおかしなことになります。最後の方のスターデストロイヤー通せんぼも同じ理由ですよね。生き残っては辻褄が合わない宇宙船や戦闘機があるわけです。そして最後のこの映画の最大の見せ場であるベイダーの大活躍。こんな風に物語的には救いようのない悲惨さがあるからこそデス・スターの設計図が最後の希望であるということがより強調され、今後エピソード4を観るときにこの勝利の後ろには多大な犠牲があると思えるわけです。

これは確定情報ではないのですが、この映画、最初に編集されたバージョンは今のよりさらにダークだったらしく再撮影をスタジオから言い渡され、その際、クレジットなしで本作の脚本にも参加していたトニー・ギルロイが再撮影や編集を中心となって助けたというのが定説です。監督のギャレス・エドワーズ自身のコメントとして上の話を否定するような、元々予定していたフレキシブルな撮影スタイルのせいで想像以上に編集に手間がかかったものの、ディズニーは製作中の作品の出来に満足してくれ、さらなる協力を申し出てくれたため、作品精度を上げるために追加撮影を行った、というのがありますが何だか噂の火消し感も感じられる気がします。
さらにこの再撮影が上にも書いた作曲時間の不足も招きました。これは本当に大きな問題で、最後の空中戦なんかもビジュアルは完全に往年のスター・ウォーズを再現しているんです。でも何かが足りない。いや、何が足りないかはわかってるんですが。音楽ね。音楽。
再撮影に関して考えると、いや、これほどまでに予告編で観た画が本編で観られない映画も珍しい。映画のキーとして宣伝されてたセリフやシーンがことごとくありません。帝国軍の施設内と思われるジンのこの画、凄い好きだったんですが本編で観られません。


さらにこのシーン、手に例のハードディスクの大きいのみたいなのをジンが持ってますよね。しかもK-2SOも一緒に走ってる。死んでない。


そしてさらにこのシーン。ビーチを走っていますが手にはやっぱり例のブツ。このシーンを予告編でよく観るとやっぱりあの人もいる気がします。


こっちのバージョンだと彼らにはどんな運命、いや、死に方が待ってたんでしょうね。まあ、死なないかもしれませんが。でも再撮影を命じられたくらいなのでこっちはもっと悲惨だったのだろうと思います。

最後にもういくつかの点に触れておきます。K-2SOのセリフはちょっとブラックだったりするのですがなかなか笑わせるものが多く、彼がいなかったらもっと映画がダークなものになってたと思います。割と彼のキャラクターは好みでした。それとこの映画が大局的には上に書いたようにメインのエピソードに深さを与えたわけですが、より具体的かつピンポイントな功績としては40年来のスター・ウォーズの穴であった、なぜ、帝国軍が誇る最強兵器デス・スターがあんなプロトン魚雷で壊滅してしまったのか案件に答えを与えています。あ〜、なるほど、そうなのね、と。そうそう、あと、ルークがエピソード4でレッド5であったのはここで空きができたからかと、わかるシーンもあります。これなんか「あ、そんなとこまで面倒見てくれるんですか!」と、期待してなかったのに手土産までもらってしまった気分。
何人かのキャラが役者にCGI重ねてエピソード4から復活出演していますが、まあそれはさらっと飛ばして、驚いたのはレッドリーダーとゴールドリーダーの二人。どう見ても本人だよな、と。それもそのはず。本人たちです。ある日、偶然監督のエドワーズがスカイウォーカー・ランチでリサーチしていたら偶然、フィルムの缶を発見し中身を尋ねたらスター・ウォーズの未使用テイク。デジタル化されていないのでここずっと誰も中身を見ていないとのことでそれを使用しての今回の再登場となりました。この件についてはこちらを。

難産であったろうことは想像に難くないローグ・ワンですが、例えば、同じようにファンの期待という重圧があったエピソード7には、今までの設定の縛りはあっても先の展開にはそれなりの自由度がありました。一方でローグ・ワンは同じくファンの期待に応えなくてはいけない上に、話の前後共にがっちりと固められ、さらに最後の展開はすでにみんなが知っているという条件下で映画として成立させるという命題を達成しただけでなく、既存のエピソードにもさらなる深さを与えるという離れ業を見事やってのけたと言えるでしょう。

9/19/2016

スマートフォンのアイコン位置見直し

かつては4インチ台のスクリーンサイズだったスマートフォンも気づけば5インチ台。片手で扱うにはなかなか難しいサイズになってきました。両手で使う機会が増えたものの、片手で使いたいときというのはあるもので、すると右手で持った状態で画面の左端にあるアイコンやボタンをタップするためには親指をかなりぐいっと伸ばさないといけなくなり、これが結構ストレスとなっていました。

が、今頃になって、「これ、アイコンの並び順を見直せばそれだけで快適度が上がるんじゃ?」と気付いた次第。
もともと文字を横に書く場合、左から右に書いていくからなのか、重要度の高いものから低いものを左から右へ並べる癖がありまして、アイコンの並び順も勿論この順。ディスプレイ4インチ台時代はそれで良かったのですが、端末を買い換えても特にこの並び順を見直すことなく毎回慣れた配列にしていたら、いつの間にかすっかりディスプレイ大きくなっちゃって、と。で、数日前にやっと上に書いたように「逆の方が快適なんじゃ?」と大発見をして並べ替えてみたら良く開くアプリケーションへのアクセスしやすさが一気に向上。
そしてAndroidはディスプレイ下部に左からボタン(今はたいてい物理ボタンでなくてソフトウェアボタン)が順に、戻る、ホーム、履歴と並んでいるのですが、これも戻るボタンって頻繁に使うのですが履歴って滅多に使わない。位置が実に不便。
私が使っているHTC端末はこのボタン列もカスタマイズできて数も増やせるため今までは左から戻る、ホーム、電源オフ、履歴と並べていましたが、これも逆順に。
これで完全に自分右手仕様。まだ慣れずについ今までの位置に指がアイコンやボタンを探しに行きますが、「これ以上画面の大きさに着いていけない」行き止まり感から解放され、慣れたら快適になりそうな光が見えてきました。
端末の形状、大きさが変わったらアイコン位置の再検討は案外有効です。

9/01/2016

イギリスからRoyal MailでAnimal 4D Flashcards (フラッシュカード)が届くまで

先日、英amazonで購入したAnimal 4Dなるフラッシュカードが予想外の長い時間の後にやっと届きました。どんなものかというとこんなものです。

もともとフラッシュカードとは語学学習で使われる単語や数字、絵を描いたカードですが、これにARを使ってスマートフォンやタブレットのアプリでカードを見ると絵が浮かび上がる・・・というカードがアメリカで販売されていると知って早速、米amazonへ見に行くと販売ショップはあったものの日本への発送は出来ず。
しかし、諦めが悪い私は今度はeBay,へ・・・。見つからず。ならばと、以前、プリペイドSIMを購入したWalmartのサイトへ・・・見つからず。ここで流石に諦めたのですが翌朝目が覚めたら、「そうだ、イギリス見てみよう!」と思い付き、今度は英amazonを見たら遂に日本に発送してくれるお店を発見。価格も納得出来る程度。以前にサスペリアのBlu-rayを購入したときにアカウントは作ってあったので、即その場で購入。
このときは一週間から10日くらいで届くだろうと思っていたのでした。Royal Mailでの発送完了の知らせと共に追跡番号も届き、日々、イギリス国内を転々とする荷物の位置を眺めていました。あ、ちなみに私、買い物をしたときに商品を追跡して自分の家に近付いてくる様をチェックするのが割と好きです。買い物の醍醐味の1つと言っても過言ではありません。トラッキングナンバーから検索するとこんな画面になります。

そして、左にある"Where has my item been?"というボタンをクリックすると詳細な移動経路を見ることが出来ます。・・・が、右側の文章をよく見るとおわかりのように、(商品が8月4日の発送から6日後)8月10日になんとDelivered(配達完了)の記載が。ボタンをクリックした結果はこんなです。
・・・やっぱり完了してる。まだうちに届いてない・・・というかイギリスを出てもいないですよね。これ。確かにこの速度で国内を移動して日本に向かい、2日くらいかけて通関と配達なら10日前後で届くという当初の予測通りですが、配達完了って?
考えてても答えは出ないのでショップとRoyal Mail双方にメールを出してみました。
ショップに出した英語文章はこちら。ミスあるかもですが相手に意味は通じましたので、私と同じ目に遭ってしまった不幸な方々はコピー・ペーストでご利用下さい。

According to the Royal mail's tracking site, my item was delivered on Aug 10.
https:/【略】
And it also says the item was delivered to COVENTRY CITY, which isn't the place I live in. And I haven't received it so far. I live in Japan.

https://【追跡番号で日本郵便のサイトから検索をした結果のURL】
When I try to track my item on Japan Post website, which usually handle domestic delivery from Royal mail, The website says "Your item was not found". Apparently it has never been to Japan. Could you check the situation and re-send the item again?
Thank you in advance.

すると、調べて連絡するという旨のメールが来まして、その数日後にRoyal Mail側から状況を知らせてくれるメールが来たので、それを引用しつつ再度ショップにメール。

I received a response from Royal Mail saying as follows.

*******
Dear Mr Akimoto
Thank you for your email.
I can see that this item was returned to the sender as it was posted using a service not available in Japan. I would therefore advise you to contact the sender so they can post the item again using a correct service such as International Tracked and Signed.

I hope you find this information useful and if there is anything else we can help with please let us know.
Regards
Oliver Mintz Lowe
Royal Mail Customer Services
********

You will receive or have received my item. I would appreciate it if you would send it as soon as possible.
Thank you.

要は店が日本に送ることが出来ないサービスで発送してたから送り返したよ、ってことですね。え? そうなの?
で、返ってきた返事がこれ。

Dear Mr. Akimoto,

I know that the fulfillment centre have sent another pack and hope that they have used the correct service this time.

My humble apologies for the inconvenience.

悪いのボクじゃないからね感満載のメール。しかもI hopeって何だよ。

そして再度、Royal Mailのサイトで追跡すると今度は詳細な位置が見られなかったのですが日本郵便のサイトで同じ番号で検索を書けるとトラッキング出来ました。結果はこんな。

ご覧の通り、一週間かからずに届きました。
このような買い物はトラブルもリアル謎解きゲームのようなつもりでどこかで楽しめないと神経すり減りそうですが、まぁ、とにかく届きました。
みなさまの荷物はこんなことが起こらず、無事に速やかに届きますよう。

6/25/2016

映画グランド・イリュージョン(Now You See Me)のカードマジックのセリフ

すでに海の向こうでは続編が公開されていますが日本公開は9月。少し先ですので復習がてら一作目を観てみましょう。冒頭に、後に色々なところで真似られた観客に向けて行われるマジックがあります(このマジックの原理自体は以前からあります)。


トランプをパラパラ漫画のように沢山の表が見えるよう弾いて見せてその中の一枚だけ覚えるように言うシーン。一枚引いて下さいはすでに説明しましたが、引かずに「見て覚えて下さい」は何て言うんでしょう?
映画内では
I'm going to flip through this deck.
And I want you to see one card.
と言っています。問題は2行目。「〜したい」がwant to doであることは中学校で習います。丁寧に言うならwould like to doで旅行英語としても頻出だと思います。但し、この場合は主語に据えた人がしたいことを説明します。
I want to quit my job.
He doesn't want to see me anymore.
のような感じ。では、私はあなたに〜して欲しい、とか、彼は私に〜して欲しい。と言いたいときはどうするかというとwant 人 to doとなります。この場合もwould like 人 to doを使えば
I'd like you to buy me a house.
と丁寧にお願いすることが出来ます。その方が相手も気持ち良くYes, no problem!と返してくれるかもしれません。やった!ラッキー♪
カードを一枚引いて下さいの文例でさらっと
I'd like you to take a card.
と書きましたがこれも同じ構造。
さて、もう少し映画を観てみましょう。こういう状況で言い添えておきたい場合があるのが一組に重ねたカードの一番上や下はすでにずっと見えているので、それではないカードを覚えて欲しいという場合。
Not this one. That's too obvious.
こういうときにobviousは使えますね。例のシャカっていうフォースをお決まりのセリフでやりたい方にもお勧め。
では、少し先に進めて観客がカードを決めた際に「覚えました?」と確認するシーンでは
Do you have one in mind?
oneはこの場合、覚えたカードのことです。have もの in mindで心の中にあるものを思い浮かべている、持っているということです。構造は
He has something weird in his hand. And he seems happy.
の一文目と同じです。手やポケットに持ってるという表現は思い付きやすいですがmindに持ってるというのは思い付きづらいかもしれません。
このまま続けていくと映画一本観てしまいそうなので今回はこのあたりで。

6/19/2016

マジックに使う英語「手を出して下さい」

前回までカードマジックに使うフレーズを解説してましたが、今回は急に気が変わって、観客に何かを持ってもらいたいときに「手を出して下さい」と言いますが、これを何て言うか? です。
マジックをやっている人ならまず思い付くのはスポンジボールのマジックかもしれません。観客に握ってもらったバールが手の中で増えたり、マジシャンの手から観客の手の中に移動したりというマジックです。他にもコインマジックをしていて同じく「手を出して下さい」と言いたくなることがあるかもしれません。さて、何と言うでしょう?



Right (Left) hand, please.
と言って自分も手を出す動作をすれば意図は伝わりますし誤解も生じづらいと思います。その意味ではこれで良いと言えば良いですし、文章で言いたい場合は
Hold up your right (left) hand.
で良いと思います。
そしてボールとかコインを観客の手の上に乗せて、
Close your hand (and hold it tight).
と言って握ってもらいましょう。itは複数だったらthemになることを忘れずに。

6/07/2016

今までにハートのAにサインしたことありますか? を英語で言うと?

トランプにサインしてもらったら「今までにハートのAにサインしたことありますか?」と聞きたくなる方もいると思います。個人的にはこのセリフは言わないのですが人気のあるセリフだと思うので今日はこのあたりを。


すでに前回、「カードにサインする」を英語で何て言うかを書きましたので気になる方はそちらを参照して下さい。その言い方を知っていればあとは典型的な中学校英語の作文問題です。ということで、答えを読む前に考えてみて下さい。

Do you sign your name on...とした方、それは疑問文ではあるのですが、まず元となる文、You sign your name on... や主語をIにしたI sign my name on... を考えてみましょう。現在形は今の状態や日常的に行っていることを説明します。ですからハートの3に毎朝サインすることを日課にしているとか、それが仕事であるという場合は現在形ですが今回の趣旨とは違ってしまいます。

Did you sign your name on... とした方、現在のことでなくて過去にやったことがあるかどうかを問うので過去形でと考えたと思います。惜しい。基本的に過去形は過去の一点での動作を表します。「昨日マジックバーに行ったって言ってたけど、カードにサインした?」ということなら過去形です。昨日とか、先週の火曜日とか、いつなのかが明確に示されていなくても(質問者が知らない場合もある)想定されているイメージは過去の一点です。

では、正解ですが、
Have you signed your name on the ace of hearts?
と、私も習った当初はいまいち概念が掴みにくかった現在完了形を使います。あ、トランプの名前の呼び方はこちらのエントリを参考に。現在完了形を初めて知ったときは、それ過去形じゃいけないの? と思ったものですが今回のように今までの経験を問いたいときにはまさに出番です。「日本に行ったことある?」が過去形でなくて
Have you been to Japan?
であることを覚えてる方は少なくないのではないでしょうか?
「そんなときはこう言います」だけでなくて、何故あっちの言い方ではいけないか(今回の例で言えば現在形や過去形では言いたいことが伝えられない理由)も合わせて覚えると使い所のイメージが掴みやすいと思います。