10/18/2017

英語の台詞と関係代名詞

さて問題です。以下の文を英語で何と言うでしょう?
・ショーの最初に(私が)テーブルに置いたカードは、私の予言です。
タイトルに関係代名詞と書いてしまってるのでそれがヒントになってしまいますね。
関係代名詞と言えば学校で文章Aと文章Bを一つの文にするために使うとして練習問題を機械的に沢山解いた経験がある方もいるでしょう。例えば、
I dropped iPhone X. + I bought it yesterday. > I dropped iPhone X (which) I bought yesterday.
です。which はある方が構造は見えやすいですが往々にして省略されます。
私自身、どうせ同じこと伝えられるならややこしいことしないで2文のままでいいじゃん、と思ったものです。
I bought iPhone X yesterday. I dropped it. でも
I dropped iPhone X. I bought it yesterday. でも
言いたいことは伝わります。しかし一文でスッと流れる方が話すときの実際の気持に近いので(そうでないときもあるでしょうが)、言いたいことの漠然としたイメージをわざわざ二つにわけるのは一手間かかります。その分、言いたいこと、リズム、スピード感が実際の気持ちと離れてしまいます。
上の例で言えば
I put a card on the table at the beginning of the show.
It's my prediction.
と二つに分けても言えますが、分けてしまうと、一気に言えない感がストレスになります(演出効果を狙って二文に分けるというのも当然ありです)。もちろん、二文に分けようが単語だけになろうが必要なことを伝えられることが最も大切であり、それで十分ストレスなしという場合はそれで良いです。しかし言いたいことを分割する一手間のストレスや、その結果の実際に言いたいこと、リズムとの薄利を少なくしたいときには言い方を工夫する必要があります。そのために色々な言い方があるとも言えるでしょう。

もう一つ、最初のうちは言いたいことがまず日本語で浮かぶと思いますがこの手の文が難しく感じるのは主語と動詞のセットらしきものが2つあるからです。
I put a card.なら思いつきやすいし、It's my prediction.も言いやすい。しかし、「私がテーブルに置いたカード」は「私の予言です」が英語にしづらいのはまさにこの二つの文章っぽいものが組み合わさって一つの文章を構成していることが原因。英語は一文に動詞が一つが基本なので
I put a card on the table is my prediction. はあり得ません(<簡略化のために「ショーの始めに」、は省略)。これにはputとisが同居してしまってます。言いたいことに主語と動詞らしきものが2セット含んでしまったら片方は工夫して対処する必要がありでその方法が分詞だったり関係詞を使うことだったりします。これらは英語を複雑化するためにあるのではなく言いたいことをその気持ちのままに言うためにあります。

あ、書きたいことを書き切っちゃったので、危うく上の文の英文を書き忘れるところでした。冒頭に挙げた日本語、ここで言いたい背骨の部分は
The card is my prediction.
です。なのであとはどうThe cardを説明するかを考えれば完了です。というか話すときは時間をかけて英作文してるわけではないですが言いたいことのメインはThe card is my prediction.であるという感覚は重要です。そしてThe cardに説明を加えよう、どうやって?と来てThe card (which) I put on the table at the beginning of the showとなるわけです。これが主部。動詞は元の文と同じくisで全体では
The card I put on the table at the beginning of the show is my prediction.
となります。

10/16/2017

英語っぽく言おうとして却って間違えてしまいがちな単語

海外の人を前にマジックをするときに多少なりとも英語を混ぜて演技することもあることと思います。マジックを見せているという状況下であれば案外カタカナ発音でも通じることも多いです。しかし、せっかくなら通じやすい方が良いよねと発音も英語に寄せようとしたときに英語っぽくしようとしすぎて間違えてしまいがちな単語をご紹介。

まずはmagicですがgiのところ、マズィックではありません。あくまでもマジック。
あと割と有名なのがトランプ一組を表すdeckの最初のところ。ディではなくてデ。デックね、デック。
ちょっと通なところを突くとハートの3とかのハート(heart(s))。この入りのところのハーは、rが入っていたなと頭から・・・、え〜、カタカナに書けないのですが「彼女の」を意味するherのように最初からrの音が入るのでなくてハーrとハーと伸ばしてからrに入ります。頭からrを入れるのはhurt(傷つける・怪我をさせる)という別の単語があるので要注意。
rの音と言えば赤と黒と言うときのレッドのレはrでブラックのラはlです。

さて、発音の話とは違いますが言い間違えやすいものの話。ギャンブルをテーマに話すときポーカーの手に言及することもあると思います。ワンペア、ツーペアはまあ良いとして同じ数字が3枚あるやつ、スリーカードと言ってしまうと、それ、文字通り取れば3枚のカードですので表が何でもカードが3枚あればスリーカード(本当はズ)。英語ではthree of a kind(スリー・オブ・ア・カインド)と呼びます。
それと同一スート(マーク)の10,J,Q,K,Aがそろうやつ。ロイヤルストレートフラッシュと言いがちですが単にroyal flush(ローヤル・フラッシュ)と言うことも多いです(ストレートを入れても通じます)。

10/08/2017

本当らしさ、本物らしさ

映画におけるSFXや食品サンプルなど、如何に見ている人に違和感を与えずフェイクを本物らしく見せるかに注力しているものは沢山ある。そしてそれらの世界では「本物はこうではないのだけど、ちょっとここをこうした方がこの世界観の中ではより本物らしく見える」という処理が加えられることも少なくない。
最初にそんな話を意識したのはスター・ウォーズのエピソード6(1983)のメイキング時のエピソードを読んでいたとき、当時話題になったスピーダーバイクのチェイスシーンについて。背景は高速度カメラで実際の森の中で撮影したものを使っていたが、単にキャラクターを合成するだけではしっくりこず、実写背景にあとから実際には存在しない効果を加えたところより本物らしく見えるようになったというエピソードがある。

さて、マジックの世界ではあるテクニック、例えばテーブルに置いてあるトランプを取り上げる動作のとき実際には見た目以上の何かを行うようなテクニック、を練習する際に良く聞くアドバイスとしてまずは実際にトランプを取り上げる動作を行ってみて、それを手本にその動きに近づくように練習すべし、というのがある。
これを完全に否定するつもりはないし、自分の頭の中で動作イメージを作れない場合は手軽に手本となる動作を手に入れる一手法であると思う。しかしそれを唯一の方法と思ったり、「実際にそれを行ったときの動き」を唯一無二の目指すべきゴールと捉えたり、さらには他者のマジックにアドバイスをするときに「実際にそれをするときにはそうは手は動かない」と言ってみたりするのは思考が画一化しすぎているなと思う。他のフェイクを生み出す芸術がすでに取り入れているのにマジックがまだなかなか目を向けられずにいる視点。
また、本当の動きを鏡の前で繰り返しているうちにそっちの方がぎこちなくよくわからないことになってしまう例も見る。さらにそもそも例えばフレンチドロップなんて練習を始める前に実生活であの動作をやったことある人の方が希だろう。
もちろん、マジックがその点に全く気付かずにいるのかというとそうではなくてデビッド・ロスのシャトルパスなどはフェイクが彼の演技の中では疑問を挟む余地のない説得力を持った動きとして成立している例と言える。リアルなときもあのリズムと流れでやろうと思ったらそのためにもまた練習が必要なくらい、リアルからは遠い動きだがあれを彼が一般的な意味でのリアルに寄せたらマジック全体がもっと怪しく不自然に見えてしまうことは容易に想像出来る。

マジックの演技での動作のありようは、例えば音楽においてある箇所にどんなフレーズを入れるかにも似ているかもしれない。どんなに良く出来たフレーズでも前後のつながり、リズムに違和感があればそこだけ悪目立ちしてしまう。如何にそこに溶け込んでつなぎ目が見えなくなるかが大事で実際の動作との距離がどれくらいかにのみ目を向けるのは必ずしも良い結果を生まない。
などと、よく知りもしない音楽を例えに出して書いてしまい、自分が知っていることを説明するためによく知りもしない分野を引き合いに出すのは何て筋が悪いのだろうと思ったのでした。気をつけます。はい。

10/07/2017

Google Homeの自分的に便利な機能

日本でもGoogle Homeが販売開始しましたね。音声アシスタント機器なのですが同じことは大体Androidフォンで可能です。ですのでこれは投資が得られるものに見合うかという判断は人によって様々と思います。
私が感じる利点の一つはマイク性能の良さ。電話だとそこに向かって話しかけないといけないですがGoogle Homeだと室内のどこにいても声を張り上げなくても反応してくれます。それと音質が割と良いと言うこと。Spotifyのアカウントを作って連携させるとBGM再生機としてなかなか重宝します。個人的に最もよく使っている機能はタイマーで、カップラーメンなどを時間通りに計らないと気が済まない性格なので、手を使わずに音声だけでタイマーセット出来るのはかなり便利です。

話変わって、少し前に誕生日だったのですがその日一日だけはこんなリアクションを返してくれます。(自分でリアクションを試したい方は動画の再生はしないことをお勧めします。)英語モードになっているのは現段階で英語の方が反応が良いように感じられるためです。ただし、これは日本語での利用が増えてくれば解消されるでしょう。
※ 以下の動画ではみなさまのGoogle Homeが反応しないよう「OK, Google.」のOKの部分の音声をカットしてあります。



またChromecastやAndroid TVを使っている方はYouTubeの検索も音声で出来ます。検索ワードをTVリモコンで入力するのは面倒なのでこれはなかなか便利です。



それと最近追加された機能で自分の電話を鳴らしてくれるようになりました。複数所有していてもどれを鳴らすか指定出来ます。部屋で電話を見失ったときにとっても便利。



決して生活必需品ではありませんが、あると生活のちょっとしたところで便利を感じることが出来ます。

7/12/2017

もう一回、対策ありでTOEICスピーキングテストを受験

素の力を測ろうと無対策でTOEICのスピーキングテストを受けてみたら、言うべきことを思いつけなかったり時間内にまとめられなかったりしたことは前回のエントリで書きました。あまりに軽く考え過ぎていたと反省です。
「子供が小さいうちに与えるべき教育として最も重要なのは、音楽・運動・外国語のどれか?」なんて質問への答えをを子育て経験のない私が瞬時にどれか1つに決めて理由も述べるとか、オンラインストアのカスタマーサービスの中の人になったつもりで「そちらでキャンペーン中にコンピューター買ったのにおまけが付いてなかったんだけど?」って電話に適切に対応したりと、「人生で今まで考えたことなかった案件」が大量に提示されるわけです。で、うまくまとまらない。
せめて「言うことは浮かぶのだけど、それが英語に落とし込めなかった」というところまで持って行ければ、結果はどうあれそれは自分の英語力として受け入れられるわけで、せっかく受験するならそこまでは持って行っておくべきだったと思い再度受けることにしたのでした。
再受験を決めた段階ですでに試験日まで一週間。一週間で飛躍的に英語力を上げることはそもそも無理です。そこで問題集を一冊買ってそれをベースにひたすら「瞬時に意見をまとめる」練習。
問題集ですからABC三択の中から最も大切と思うものを選び理由を、なんて設問の模範解答はそれぞれの選択肢に対して用意されているのですが、それぞれをじっくり読み、そこで使われている単語や表現を取り込む、なんて時間もないのでとにかく自分なりの答えが提示出来たらそれで良しとして次へという何とも大ざっぱな練習をしました。というかですね、模範解答は確かに模範だけあってしっかり意見を述べているのですが、これ音読して時間を計ってみたら今の自分の力だとかなり頑張ってつっかえないで話すようにしても時間ギリギリ入るか入らないかなのですよ。ということは現状では模範解答並のクオリティとボリュームをアウトプットするのはちょっと無理だな、と。
でも、一週間の練習のおかげで前回よりは瞬時に意見や解決策が浮かぶようになりました。勿論、それを英語で言えるかどうかは普段の英語構築力にかかっていますが、つまり今度こそ英語力の勝負というか測定に持って行けそうです(写真描写問題などは自分の中でややテンプレ化されてしまったかもしれません)。
一週間で問題集を三回まわしたのですが、これ、資料を見て問い合わせに答える問題を繰り返しやっていると「どいつもこいつも資料持ってないとか家に忘れたとか、もっと自分のものは自分で管理しろよ」と思えてきます。一方、解決策提示問題は自分の同僚が企画するイベントには人が集まらず、自分の担当するオンラインストアは発送する商品を間違えたり、付属品を入れ忘れたり、自分が参加しているプロジェクトは進行が遅れ気味、そんなクレームや報告メッセージばかり聞いていると心が折れますね。ぽきっ。

【そして約三週間経過】
今回は結果を引っ張らずに書きますと160でした。10点アップ。TOIEICのレベル分けでは前回のスコアがちょうどレベル分けの境目に当たっていたので今回はレベル6からレベル7に上がったことになります。レベルと能力の表はこちら。レベル7だと「一般的に、レベル7に該当する受験者は、一般の職場にふさわしい継続的な会話ができる。的確に意見を述べたり、複雑な要求に応えることができる。長い応答では、以下の弱点が一部現れることがあるが、意思の伝達を妨げるものではない。(以下略、詳しくはリンク先を参照)」とのことですが、自覚よりも高めのことが書いてあるのはLRを受けた際も同様。
スコア分布はここにあります。最高レベルのレベル8は受験者全体の2.0%、ここに入るにはかなり話せないとダメなんじゃないかと思っているのですが、その下のレベル7は10.9%です。

10点の上下は誤差範囲という気もしたり、しなかったり、ではありますが、とは言いつつ今回はほぼ現状で回答できることは出し切った感があるのでしばらくは受験せずに精進の日々です。

7/09/2017

TOEICスピーキングテスト結果が出ました

受験した経緯はこちらに書きましたが結果の発表がありました。まず得点の分布はここに掲載されていますが、最低が10で最高が200です。受験者数は毎回1000名前後のようで今回は871人。LR(リスニング&リーディング)テストが10万人前後であることから比較すると圧倒的に少ないですね。そしてそもそもが受験する方の英語力の平均はLRよりも高いのではないかと思います。
さて、今回の平均スコアは125.6で、190〜200というレベル8に属する人は全体の1.6パーセント。もうここは帰国子女(と言っても幅があると思いますが)などのかなり話せる人が属するグループなのではと思います。スコアによる可能なことのの目安がこちらに解説されています。
次のレベル7はスコアで言うと160〜180で、全体の11.9パーセントの方、レベル6(130〜150)は全体の40.9パーセントの方が属しています。レベル5が23.9、レベル4が17.0、レベル3が2.6、レベル2が0.9、レベル1が1.2です。
で、私のスコアですが150でした。つまり最も所属人数が多いレベル6。また、スピーキングテストでは発音、イントネーションとアクセントレベルも3段階で評価してくれるのですがそれぞれ発音がHighでイントネーションとアクセントがMedium。
やはり考えながら、話をまとめながら話すとそっちに気が持って行かれてイントネーションとアクセントはおろそかになってしまうようです。発音がHighに持って行けたのは良かったです。ここは英語学習のなかで初めて人に指導を仰いだ部分です。
さて、スコアを振り返ってみるに、素の英語力を測定したいからと無対策で受けたのが影響しているかなという感じはします。1つ前のエントリーにも書きましたが、顧客や会社の同僚がかかえている問題(という設定)に解決策を提示したり、フォーマルスーツを買うときに重視するポイントは? なんて質問に理由付きで答えたりということを、瞬時に意見をまとめて時間内に述べなくてはならず、これは英語構築力はもちろんですが、それ以前にレスポンスの瞬発力が求められます。そこがかなり手薄で制限時間内に言いたいことが収まらなかったり言っていることがまとまってなかったりということもありました。むしろよく150取れたなと思わなくもありません。
しかし、ここでふと思うわけです。
これって英語力以外のところ、それ以前の理由で失点してる場合もあるのでは、と。言うことが浮かんでいるのだけどそれが英文に出来なかったのなら、英語力の限界がそこにあると言うことですが、今回の場合はそこにすら達していない箇所がありました。
ではその瞬間的な応答力を上げれば、あとは英語力のみの問題となるはずで、その際のスコアはアップするのか? というのは気になるところです。しかし瞬発力向上練習をあまりやりすぎると、それは本来は避けようと思っていたTOEICへの最適化練習ということにもなってしまいそうな点が考えどころです。が、まぁ実際に反射意見構築力向上練習をしてそれによって点が上がればTOEIC対策のための勉強ってやっぱり効果あるよねって話になりますし、一方、スコアがほとんど変わらなければ小手先のテクニックでスコアを上げようと思っても、本質的な英語力が変わらなければスコアに変化ほとんどないのね。TOEICって測定精度高い、ってことです。もし下がったら?う〜ん、それは、私の英語力の問題でしょう。
ということで瞬間で意見をまとめる練習をして再度受けてみます。

6/11/2017

TOEIC スピーキングテスト受験してきました。レポート

先ほどTOEICのスピーキングテストなるものを受けてきました。最も一般的なLRテスト以外にSW(スピーキングとライティング)テストがあるのは知ってたのですが、採点がマークシートでなく人力なので受験料がやや高め。採点する人の側で考えれば妥当だと思うのでこれはこれで良いのですが、時間も長いしライティング力測定にはあまり興味ないしで遠くから眺めていました。
が、二週間前にスピーキングだけ受けられるようになっていたと知り、それだと受験時間が20分程度。料金もちょっと安い、そして受験者が定員に満たないときに追加募集がありこれだと少し割高なのですが先の予定を固定しづらい身にとってこれはありがたい。ということで先週申し込んだのでした。
もう三年前(だったかな?)にSWを受けたときも現在の実力を測りたいので特化した勉強はしなかったのですが、今回も同様の理由で特に勉強はなし。・・・というと聞こえが良いですが単に勉強しないことの言い訳でもあります。とは言ってもどんな問題が出るのかとシステムは知らないと現場で戸惑うと思ったのでサンプル問題はやってみました。
私は新宿会場で受けたのですが都内は確かあともう一カ所のみ。新宿校での受験者は10名程度。少なっ! スピーキング力のみを測定してスコアを付けることに需要があまりないのでしょう。で、全体説明の後に一人ずつ受付して写真撮って試験へ。試験はコンピュータ相手に勧めていくので全員が一斉にスタートするわけではありません。部屋に入ると先に開始している人はマイクに向かって何か話しているし、自分の受験中も後から人が部屋に入ってきます。
コンピュータ上でいくつか最終確認、マイクとヘッドフォンのチェックをするのですがヘッドフォンをしても周囲の声は聞こえるわけで「あれ?これ聞いたら先の問題の推測が付くんじゃ? それにしてもあの人すらすらと話してるなぁ」などと思ったのですが、音読問題を受けている声でした。やはりズルはいけません。そんなこんなでまずは自分も音読問題へ。
(以下、実際の問題ないように触れることは禁じられているので、適当に作った例を使いつつ書いていきます)

【音読問題】
2第ありどちらも45秒の準備時間の後、45秒で音読。準備時間中にぶつぶつと実際に音読。いくつか言ったことのない単語がありましたが、大体はスペルで想像が付く範囲。固有名詞でわからないのがありましたがこれは経験上の勘で。環境的にモニターが割と近くにあり端から端となると視線を大きく移動させないと見えないのですが文章が割と横一杯に表示されていてこれが多少見づらかったです。しかしこれは改行が多いと読みづらいだろうという配慮なのかもしれません。実際、文章は2行に収まっていました。
数カ所、読み直したりしたのでそのあたりがどう判定されるかですね。準備時間の時はチェックしながら読んだためか40秒前後使ったのですが、実際に音読してみたら30秒かかりませんでした。

【写真描写問題】
写真が一枚表示されてそれについて説明する問題で準備時間が30秒、話す時間は45秒。
ラッキーなことに人がたくさん写ってたので軽く環境に触れた後はそれぞれの人について語ることで時間を埋められました。あ、でもShe has a wallet in her right hand. (<例)と言うべきところをin her left hand.って言ってしまいました。うん、これね。とっさに左右を言うの日本語でも苦手なので仕方がない。

【応答問題】
インタビューを受けるという設定で3つの質問に答えます。準備時間なし。要即答。最初の2問は15秒、最後は30秒話さないといけません。次第にタイムキープ力も必要になってきます。と言っても最初の2問は質問に定型通り答えると時間になりますし質問文が音声だけでなく画面にも表示されるので割と楽です。だって必要な単語はある程度はそこから拾えますから。例えば、
What do you think the best way to cheat on TOEIC test? と聞かれれば
I think the best way to cheat on the test is… と質問文から拾って自分の答えの前半部を作ってあとは後ろだけ作ればいいわけです。
と言っても今回は、実体験がほとんどないことを聞かれたので自分の発言内容がちょっと不満足。答えとして的確ではなかったかも。

【資料付き応答問題】
こちらはカンファレンスのプログラムなどが表示され、それを30秒間読んでから3つの質問が音声で流れるのでそれに答えます。音声の画面表示はなし。準備時間なしで要即答。15秒、15秒、30秒の3問。
質問さえ聞き取れれば資料を見て答えれば良いのですが、事前にどこに何が書いてるかの大ざっぱな把握と簡単な英文構築力は必要になります。今回は借りてこられる単語が一つ前の問題ほど画面上に多くはありません。時間に上手くはめるのが難しいですね。日本語だともう少し上手く出来るんでしょうが、5秒くらい余ってしまったり、最後の一言が入りきらなかったり。

【解決策提案問題】
お店の集客だったり、顧客からの苦情だったり何らかの問題を電話メッセージで受け取りそれに答える問題。30秒の準備で60秒話す。「そんなのあんたが自分でなんとかしなさいよ」と言いたくなる相談をされたのですがそうも言ってられません。自分が誰かを名乗って、問題を把握していること、そして解決策の提案。これね、本気で考えたら解決策が浮かばないので自分でもとうてい解決できると信じてない策を提案。If you have any questions, pleas call me. Thank you.で締め。締めの言葉は、何か問い合わせメールとかするといつもこんなことみんな言ってたなぁと思って真似してみました。本当はplease hesitate to call me. と言いたいところですが、ぐっと我慢。

【意見を述べる問題】
もう最後の問題。SWと違って短時間なので集中力が途切れることもなく遂に最後の問題です。何かトピックを出されて賛成か反対かみたいなのを答える問題ですが、準備が15秒、話すのは60秒。なので準備時間で全体を準備できるはずがなく話しながら構成していくことが問われます。ここで「電子書籍より紙の書籍の方が優れていると思うか(仮)」みたいな問題が出たのですが、正直に言えば一長一短。しかしここは立場を決めないといけない。どっちにつけば理由が言いやすいかななどと考えていたらすでに10秒経過。で、本当はこの例で言えば電子書籍についた方が利点を挙げられるのですが、思い入れが強すぎて話が拡散するリスクがあると思って敢えて反対の立場へ。と話し始めたら60秒を埋められるほどの肯定流や経験が思いつかず、言ってることに筋が通らなかったかもしれません。

と、全体こんなところですが楽しいテストではありました。ただ、またすぐに受けたいかというと、もうしばらくはいいかな、と。英文構築力はもちろんですが瞬発的に話をでっち上げられる能力が上がらないと劇的にスコアが伸びることはないと思います。
さて、一回受けてみただけの感想ですがこの試験で高いスコアを持っていることは英語を話せることになるのか? まずテクニックでスコアが取れるかと考えると写真描写問題辺りはある程度テンプレート化出来そうな気がします。応答問題も多少の訓練で特に最初の2題は割と取れてしまう気もします。3題目は対策は取りづらく、その場で考えて構築することが要求されそうです。後半になると英語の構築力以外に問題解決力や瞬発の会話力が問われてきます。なので全体としてはこのテストで高いスコアを出した人はそこそこ話せると考えて良いのではないかなと思います。が、高いスコアが出なくてもそれはその人の構築力ではなく瞬発力が足りない場合もありますね。

さて、今日のテストの結果はいつ出るんでしたっけ? 多分来月の上旬だったろうと思います。