4/22/2018

指を鳴らすとあなたのカードが上にあがってきます、を英語で言うと

YouTubeチャンネルにマジックに使う英語表現の解説をアップし始めて8本目で停滞していました。今年の花粉の猛威にやられてたわけですが、やっとその季節も終わり9本目をアップしました。ブログタイトルにもあるとおり、「指を鳴らすと、あなたのカードが上にあがってきます」を英語で言うとどうなるか、です。
動画でも解説していますが冒頭のWhen Iの部分をパンと一気に言ってすぐに動詞のsnapに移ると、日本語で演技しているときと感覚が大きくずれることがないと思います。英語を話すときの不自由感の最も大きな原因は、どう言っていいのかわからないという語彙と表現力の限界点が母語より低いことにありますが、すでに言い方がわかっている文に関しても、なんだか馴染んでない感を持つ場合があると思います。これは1つは発音の問題で、日本語であれば意識しないでも全ての音が出せるのに対し、英語だと意識しながら正しい音を出している、というときにはここがネックになります。音は相手に伝わる音さえ出るようになれば、話しているときに過剰に音の出し方をいちいち気にする必要はないでしょう。もう1つはスピードの問題。日本語でも考えながら話すときは速度はゆっくりであり、思考と口から出る言葉が大体一致しますが、スラスラとあまり熟考する必要なく話している場合は気持ちは若干、口をついている言葉より先にあります。例えば「昨日友達と一緒に映画を観てきたんだけど・・・」と言うとき、「昨日」と言っているときにはすでに意識は「友達と」にあり「友達と」を言い始めたときにはすでに意識は「映画を観てきた」にある、という感じです。英語を話すときにこうならずに、発している言葉に気持ちがぴったり乗ってしまうと速度に対するもどかしさが生じます。・・・とおととい思いついたことをあたかも前から考えていたことのように書いてみました。
さて、後半部分の「カードが上にあがってきます」は現在形なのか、それとも未来のこととしてbe going toやwillを使うのか? についてはそれぞれ若干ニュアンスが異なるものの(動画で少し解説しています)、どれでも言いやすいやつで良いのではないかと思います。

2/13/2018

「英語でマジックを」教室ご参加ありがとうございました

2月11日にマジックバー・サプライズで「英語でマジックを」教室を開催しました。参加された皆様、いかがだったでしょうか?当日にも述べたこと、またはその後、思いついたことなどなどを今回は書いておきたいと思います。
フレーズ丸暗記で対応することは一見、楽に感じますが却って記憶に負荷がかかりますし、覚えるべきことが膨大になってしまいます。またどれだけ覚えても「まだあれを覚えていない」という不安からなかなか抜けられません。やはり必要に応じてその場である程度は表現を構築できるようになるべきで、そのためには文法が必要です。また文法の知識があれば一つの表現を知ったときにそれを自分なりに組み替えて色々な場で応用することが出来ます。
そして学ぶ際には常に自分がそれを使う場を意識しすると、自分の物になるのが早いです。というか、そうでない限りはなかなか一つ一つの表現、構築力は自分の物になりません。レッスン内で簡単なカードマジックを演じる想定で英語を使ってみてもらいましたが、みなさまそれぞれ後で冷静に考えれば「あそこはああ言えた」「こう言うべきだった」という反省点があるかと思います。一方、あそこは上手く言えたという箇所もあるでしょう。その感覚が消えないうちに、落ち着いた頭でもう一度セリフを練り直してみて、実際に身体を動かして練習してみた方、そう。そういう練習はかなり有効です。また、自分の演目の中から一つ(でも二つ)でもピックアップして自分なりの英語でセリフを組み立ててみた方、はい、素晴らしいと思います。
反対に、今回得た知識を知識として捉え、「よし、次に必要になったら使ってみるぞ」と取りあえず知識を寝かせにかかった方、その寝てしまった知識は冬眠した熊のようになかなか起きないかもしれません。冬眠した熊がどれくらい起きづらいのかよく知りませんが。
また、いくつかの表現もご紹介しましたが、こういうのも「へぇ、そうやって使うのか。うん、覚えておこう」で止まるとなかなか使える道具になりません。実際に自分の状況に当てはめて、自分ならこう使うと具体的にイメージし、動作付きで声に出してみる、それくらいやって実際に使える道具の第一歩です。
常に自分が実際に使う場を想定して勉強を進める、これを意識するだけでかなり違います。せっかく皆様の貴重な時間とお金を使って得たことなのですから、是非使える道具としていただきたいなと思います。

【2018/02/16追記】
YouTubeチャンネルにマジックに使う英語フレーズの解説動画のアップを始めましたのでこちらもご参照ください。

2/01/2018

マジックに使う英語をYouTubeで

2月11日にマジックバー・サプライズで「マジックに使う英語」教室を開催しますがそろそろ定員に達しようとしています。あまりにもニッチなテーマなので2、3名来るくらいかと思っていたのですが大きく予想が外れました。申し込みをして下さったみなさま、ありがとうございます。
この教室では単にフレーズを寄せ集めて暗記するのでなく、英語の知識がほとんどない方、初級者〜中級者を対象に英語で演技をするという観点から、どう効率よく意思を伝えるか、「あれを表す英単語なんだっけ?」となったらどうするか、単語の羅列からもう一歩先に進めてみるにはどうするか、などを解説したいと考えております。
その教室に先立ちましてYouTubeではマジックに使う英語、例えば「カードを一枚心に思い浮かべて下さい」とか「コインはどちらの手でしょう?」などを何と言うかを解説する動画のアップを始めました。こちらはどちらかというとフレーズ寄りですが、要所要所で英語を軸にした様々な考え方も織り込んでおります。
よろしければ是非ご覧下さい。プレイリストのリンクはこちらです。

1/11/2018

スター・ウォーズ 最後のジェダイの感想2

前回からの年をまたいでの長いロングパスとなりました。最後のジェダイの感想の続きです、
EP7が数々のファンの好物な謎を提示したことにたいしてEP8はそのうちどれにどのように解答しどれを先送りにするのか・・・蓋を開けてみたらレイの両親はその辺のなんでもない人ですよとなり、スノークは正体不明のままあっさりとカイロに破れ、ライトセイバーを渡されたルークは何を語るのかと思えば崖に向かってポイっ。
監督自身はレイの両親に関して、EP5でのベイダーのセリフが衝撃的だったのは意外性だけでなくそれが最もルーク、そして観客が望んでいないことだったからで、では今回のレイはと言うとレイも観客も両親が何か重要であることを望んでいた。なので何者でもないという選択肢を選んだと言っています。スノークについて何も語らなかったのは彼について何かを明らかにしようとすると30秒のモノローグが必要になり映画のペースを乱すからと言ってます。まあ確かに旧三部作においても皇帝であるパルパティーンがどんな人かを知る観客は少なく(すでにEP4のノベライゼーションでは説明されていました)単にベイダーのマスターであるという認識だったので、それでいいじゃんというのは一理あります。
それでいいじゃん、と言えば宇宙に重力があってもまあいいんじゃないの、と私は思いましたけどね。だって何年も前から宇宙空間で物理法則に逆らって音は聞こえているわけで今更?ってことですよ。スターウォーズ・ユニバース内での整合性はとって欲しいですけども。まあでもそのあたりは公式なりファンなりが後付け設定作ってどうにでも出来るんじゃないでしょうか。大型船の近くでは船外作業を容易にするために重力場があるとか何とか。
さて、この映画がやろうとしたことはどこかで必要だったろうと思います。つまりルーカスの手を離れディズニーがシリーズを可能な限り作り続ける意思を持っている以上、既存の設定の枠内ではいつまで経っても「スカイウォーカー家は今日も大混乱!」的な話から外に出られないわけでルークの最初の行動で映画のスタンスを表明しカイロに新世界を語らせ、ヨーダに旧体制不要論を語らせ、ラストの箒くんによってフォースは誰にでも身につけられる可能性を提示。
なので、はい、やりたいことはわかります。でも映画単体として観た場合も、あくまでもスターウォーズの続編であるという目で観た場合も気になるところがあるのも確かです。